キャッシング

消費者金融のキャッシングは飲み代を借りたい時にも利用できる

更新日:

一般的に利用されているキャッシングは、フリーローンと呼ばれているもので、借りたお金の使い途は自由です。(ただし、事業用資金に充てることはできません。)

キャッシングというと、大きな買い物をする、引越しをする等、特別な時に利用されていると考える人もいるようですが、生活費が足りなくなったから、という理由で利用している人が最も多くなっています。毎月のように少額のキャッシングをして、お給料が入ったらすぐに返済する、という人もいます。

お給料日前に急に飲みに誘われた、飲み代が足りないかもしれない、というような場合にキャッシングを利用することもできます。

これまでに消費者金融や銀行のキャッシングを利用した経験があり、ローンカードを持っている、という人は、すぐに現金を手にすることができますが、飲み代が足りないので、すぐにお金を借りたい、という人でも、審査に通れば即日融資が可能です。

注意をしたいのは、すぐに借りたい場合は、キャッシングの申込先を消費者金融にする必要があるということです。銀行のキャッシングは即日融資には対応していません。

消費者金融のキャッシングのメリットは、審査がスピーディなことです。最短1時間で借りることも可能です。

大手消費者金融では、申込みから審査までの手続きがWEBで完了し、借入金を指定の銀行口座に振り込んでくれるサービス(振込キャッシング)も行っています。スマホがあれば仕事の合間に申し込めるので、夕方の飲み会にも十分間に合います。

が、飲み代を借りるためにどうしても即日キャッシングをしたい、という場合は、振込キャッシングではなく、近くの自動契約機でローンカードを受け取ってキャッシングをする方が確実です。

WEBで全ての手続きをするためには、原則、銀行の営業時間内に審査を完了させる必要があるからです。また、消費者金融によっては、会社発行の健康保険証の提示が必要だったり、特定の銀行以外には対応していない、といったこともあり、条件が厳しくなっています。

近くに自動契約機がない、あるいは、自動契約機に行くところを見られたくない、という人におススメしたいのが、スマホアプリを使ってのキャッシングです。プロミスやSMBCモビット、レイクALSAといった大手消費者金融がサービスを開始しています。

申込みから審査まで全てアプリで行い、最短1時間でのキャッシングが可能です。借入金は、銀行振り込みではなく、スマホを使ってセブン銀行のATMで引き出すことができます。スマホがあれば返済もできるので、カードレスでのキャッシングが可能です。

今日の飲み代を何とかして調達したいという人は、スマホアプリでのキャッシングも選択肢の一つと考えてよいでしょう。

参考サイト
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

-キャッシング

Copyright© キャッシングフェスティバル , 2019 All Rights Reserved.